カーテンを束ねる 「タッセルタイバック」

PA01344453_m.jpg

社長BLOG
Part1



「タッセルタイバック」のことは・・・
カーテン業界では「タッセル」といわれ
ほとんどのカタログや説明書でも「タッセル」といわれています。

昔々、米軍関係者にカーテンを販売していたころのことです。
窓を採寸し、生地を決め、最後に次のようにたずねました。
「タッセルはどうされますか」 すると
「何?タッセル?」と怪訝な顔をされてしまいます。
つたない英語で通じないのではと思い
「カーテンを開けたとき、このようにまとめる紐のような…」と
身振り手振りで説明すると「オー、タイバック!」とひとこと。
米国では「タッセル」のことを「タイバック」というのかと納得しました。

帰社してからよくよく考えてみると、「タッセル」とは「房」のことではないか、
英和辞書を引いてもそのように書いてあります。カーテンを束ねる紐状の物を
意味するとは英和辞書のどこにも書いてありません。

そこでようやく気づきました。
なぜ、カーテン業界で「タイバック」を「タッセル」というようになったのか。
カーテンは西欧伝来です。用語もすべて西欧の言葉をカタカナにしています。
「カーテン」「フック」「カーテンレール」「ランナー」などなど。

カーテンを束ねる「タイバック」の伝統的スタイルは
「房」(=タッセル)付きが一般的で
その呼称を「タッセルタイバック」といっていました。

そのうち、カーテン業界の先輩たちがこれでは長すぎるというので
束ねる紐のことを房付きでなくても「タッセル」に縮めてしまった
という風に思い至りました。
したがって房付きでなければ「タイバック」、房が付いていれば「タッセルタイバック」が正解です。

世の中に売られている最も一般的な形はカーテンと共布で作った「タッセル」ですが
房付でない以上正しくは「タイバック」です。
当店が品揃えしているカーテンを束ねる「タイバック」は
伝統的な房付き「タッセルタイバック」を
中心に様々のスタイルと色彩をご用意しています。
直輸入品を中心とした充実の品揃えとお求め易さは他で見ることはできません。

_MG_3727.jpg



スポンサーサイト

施工事例 横須賀市Oさま邸

施工例のご紹介

O-tei01

まるで洋書から抜け出したようなインテリアのO様邸。

ダイニングの上げ下げ窓には「ローマンシェード」を。

通常のプレーンスタイルのローマンシェードでは物足りないということで

当店オリジナルの「シーガル」(カモメ)スタイルというデザインの裾をご提案いたしました。

その先に付けたキータッセル(房)がこの窓のポイントです。

同じお部屋の高窓にはアンティークペイントのアイアンレール。

フランス製レースのカーテンにはさりげない刺繍が施されております。

厚手生地:日本製
レース生地:フランス製
キータッセル:イギリス製

Oさま、この度はご注文頂き誠にありがとうございました。

詳しくはWEBにて

Curtain & Interior Okazaki
カーテン&インテリア オカザキ

Tel 0120-187395
iE-mail nfo@interior.co.jp
URL www.interior.co.jp
ONLINE SHOP http://www.okazaki-interior.com/
Facebook www.facebook.com/interior.okazaki
Instagram www.instagram.com/curtain_interior_okazaki/




施工事例 横須賀市Mさま邸

施工例のご紹介

0327FB.jpg

「バランス」と呼ばれる上飾りをお付けした仕様で
ゴージャスに可愛らしい雰囲気に♪

バランスやタイバックにはグリーンのフリンジを取り付けて
コーディネートされました。

厚手生地:スペイン製
レース生地:トルコ製
フリンジ:イギリス製

レースはローマンシェードに♪
総柄の刺繍入りで、裾柄付 美しいトルコレースです。

Mさまこの度はご注文いただき、誠にありがとうございました。

Curtain & Interior Okazaki
カーテン&インテリア オカザキ

Tel 0120-187395
iE-mail nfo@interior.co.jp
URL www.interior.co.jp
ONLINE SHOP http://www.okazaki-interior.com/
Facebook www.facebook.com/interior.okazaki
Instagram www.instagram.com/curtain_interior_okazaki/





施工事例 鎌倉市Mさま邸

施工例のご紹介

kamakura_t01.jpg

スペイン製生地でお作りしたローマンシェードで

書斎をスッキリとコーディネート。

柄が綺麗にでますので、とても映えます。

壁紙や照明等にも、こだわりを感じるMさま邸の書斎は

とても可愛らしいお部屋でした~(*'▽')

P6425
▲厚手生地:スペイン製

L650.jpg
▲レース生地:ドイツ製のスーパーボイル

P6426
▲厚手生地:スペイン製 ※上写真の色違いとなります。

M様、この度はご注文いただき誠にありがとうございました。

Curtain & Interior Okazaki
カーテン&インテリア オカザキ

Tel 0120-187395
iE-mail nfo@interior.co.jp
URL www.interior.co.jp
ONLINE SHOP http://www.okazaki-interior.com/
Facebook www.facebook.com/interior.okazaki
Instagram www.instagram.com/curtain_interior_okazaki/

施工事例 ウィリアム・モリスでお作りした カーテン&ローマンシェード

ご新築されたお客様から、ウィリアム・モリスの生地でご注文いただきました。

170308_06.jpg

170308_01.jpg

リビングの掃出窓は「スワッグ&テール」のバランス付。

レースはルーススタイルのローマンシェード。

1スワッグのバランスがスッキリと上品にまとまっています。

続いて、ダイニング♪
170308_03.jpg

170308_02.jpg

170308_04.jpg

高~い天井高に上下に2連の窓という開放的で素敵な空間に

レースはそれぞれの窓にバルーンシェードを。

ドレープは、ベンチに腰掛けた時に邪魔にならないように

上下に2台ローマンシェードをお取り付け。

裾にはバランスと同じフリンジをつけて。

シンプルなスタイルの中にもエレガントさをプラスしました。

レースの華やかさと、大きなシェードのダイナミックさが

絶妙なバランスに仕上がっています。

この度は、ご注文いただき誠にありがとうございました。


Curtain & Interior Okazaki
カーテン&インテリア オカザキ

Tel 0120-187395
iE-mail nfo@interior.co.jp
URL www.interior.co.jp
ONLINE SHOP http://www.okazaki-interior.com/
Facebook www.facebook.com/interior.okazaki
Instagram www.instagram.com/curtain_interior_okazaki/